signes コンテンツ一覧

当サイト内、clefs、information、dialogueを除くコンテンツの記事一覧です。
作成/更新日時の新しいものから順に表示しています。
ここでは200件までしか表示しませんので、すべてを見るためには、各カテゴリのページに行く必要があります。

すべてのカテゴリ  musique litterature arts textes  technique produit links

カテゴリ「textes」のコンテンツ一覧

entry:200

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

  1. item2014年のまとめ [textes/notes/雑記] 2014/12/29

     毎年記録として残してきたので、今年も1年分の作曲のデータを記しておく。  7月の「クラリネットのためのAndromeda」、8月のエレクトロニクス・フュージョン系作品「Another Circuit」より後の作品は、各種の作曲コンペティション又はCall for Works(出品募集)に向けて書いた楽曲で、現在未公開である。  いくつかのコンペですでに落選がわかっているが、落選した楽曲を公開する...

  2. item主体と音楽 - 私はプロセスである [textes/notes/音楽] 2014/11/9

     私が音楽を組み立てる際に或る音の採用を決めるその方法は、まず基本的に、その「音」が人間/私/楽曲全体のコンテクストにとって、どのような意義をもち、作用するかという点が最も考慮される。こうした考え方は、そういえばプラグマティズム

  3. itemコンペ作曲、およびAnother Circuitのこと [textes/notes/雑記] 2014/10/26

     8月以来さかんに作曲(現代音楽系)しているところだが、以前書いたように、すべてコンペティション用の楽曲なので、審査まで公開できない。(応募したコンペのうちひとつは、間に合わなかったので旧作を出した。)  コンペ用に書いた新作の一番最初のは、かなり大急ぎで書いたこともあって、今聴くと自信の持てない出来だが、その後に書いた2つの新作は、私としてはなかなかの力作だと思う。コンペ用に書くということで、い...

  4. item公開しないことが心地よい [textes/notes/雑記] 2014/9/13

     先日ここに書いたように、目下コンクール等応募用の楽曲を連続して作っている最中で、作品をネットに発表するという過去の習慣的行為が、もはやどうでもよくなってきている。  むしろ、ネットでいちいち作品を公開せずに、一人でこそこそとモノづくりをやるという作業が、その静かな孤独感ゆえに心地よい。  私は何かというと「追いかけられて、焦って事をしようとする」人間なので、これまで作曲も、何かに焦りながらやって...

  5. itemケリをつける [textes/notes/雑記] 2014/8/23

     2008年に一度だけ、作曲した作品を国内の、現代音楽系の公的なコンクールに送ったことがある。それが見事に落選し、それなりに落ち込んだものだったが、今思うと、その頃はまだ「現代音楽」をよく知らないまま書いていたし、楽譜の書き方もおぼつかない状態だったから、落選はあまりにも当然だったような気もする。(もちろん、6年経った現在でも現代音楽のキモを掴んだとは言いがたいので、たいしたレベルの違いはないのだ...

  6. item「Spiral Green」のCG動画を作った [textes/notes/音楽] 2014/6/28

     先週完成したエレクトロニカ系の曲「Spiral Green」の動画を作った。  久々にCGソフトShadeを使ってじっくりやった。チェロのモデリングは市販のデータで、「クラシックの森」というものだ。  背景とかにあんまりオブジェクトを配置するとレンダリングの時間が半端じゃなくなるので、ほどほどに手抜きしている。CGも割と楽しい作業だ。そはいえ、そんなに大量の時間をつぎ込むつもりはない。 ...

  7. item「Nodes」全3曲が完結した [textes/notes/音楽] 2014/5/14

     先に「1」と「2」を公開した「フルートとヴァイオリンのためのNodes」だが、今朝「3」(終曲)を完成させた。  この曲に関する雑感を書いておく。  フルートとヴァイオリンというちょっと風変わりな組み合わせで、どんな音楽が可能なんだろう、と想像をたくましくしていた。私の所有するライブラリでも、この組み合わせは一つか二つしかない。ということは、よく演奏会に登場するデュオではないということだ。管と...

  8. itemホラー映画を見る [textes/notes/雑記] 2014/4/14

     昨年からスカパーで録画した映画を自室で見る習慣が付き、おかげで作曲や読書がはかどらなくなってしまったのだが、最近はとうとう、以前はイヤだったホラー映画も好んで見るようになった。  とはいえ、「死霊のはらわた」式のグチャグチャ・ヌメヌメしたスプラッタ・ホラーより、心理的にぐっと来る怖さや、古い時代(70年代から80年代あたり)の古典的作品を中心に見ている。  思うに、ホラー映画で人が「怖い」と思う...

  9. item新作「Delphinus」について [textes/notes/音楽] 2014/3/21

     チェロ独奏のための「Delphinus」(いるか座)を公開した。  約7ヶ月ぶりの作曲になる。その間、一つエンターテイメント系のを途中まで作っていたが、ボツにしたので。  久々の作品で、いろいろと迷いながら書いた。音楽における構造とは何か、反復とは何か、持続と切断とは何か、POPさとは何か、等々。作曲する=compose=構成する、という作業についての根本的な自問をかかえ、まったく答えを見いだせ...

  10. item突出したがる欲望 [textes/notes/雑記] 2014/2/16

     最近で一番おもしろかったニュースは、例の佐村河内守氏の、ゴーストライター発覚事件だった。  私はあまり興味が持てなくて聴かずに終わったが、彼の交響曲のCDは、新作クラシックCDとしては破格の売れ行きで、知る限り、評判も良かったように思う。しかし「聴力を失った被爆二世の、魂のシンフォニー」などという感じで売り出されていたその商業行為は結局詐欺だったわけで、その曲を聴いて心底感動していた人たちは、ど...

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

1317392

* * *

All contents written & programmed by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.