signes コンテンツ一覧

当サイト内、clefs、information、dialogueを除くコンテンツの記事一覧です。
作成/更新日時の新しいものから順に表示しています。
ここでは200件までしか表示しませんので、すべてを見るためには、各カテゴリのページに行く必要があります。

すべてのカテゴリ  musique litterature arts textes  technique produit links

カテゴリ「textes」のコンテンツ一覧

entry:200

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

  1. itemごった煮フュージョン [textes/notes/雑記] 2009/3/22

    初音ミクを用い、ポピュラーミュージックのrepaintを空想する実験、「かけら」に続く第2作「マーヤー」をアップ。 なにしろ2ヶ月もかかってしまった。エフェクターやSEなど、これまで使わなかったものを一挙に大量活用しているのだから、妙に手間取ってもしかたない。 一応フュージョンということにしとくけれど、国籍不明の民族音楽ふうの旋法やらジャズ、ロック、クラシック、ダブ、ヒップホップやら、もうなんでも...

  2. item流転する世界 [textes/notes/思想] 2009/3/12

    自然、世界、生命あるもの、心、言語、文化、音楽、すべては無窮動に変容し、水のように流れ続ける。万物は動くもの(ル・ムーヴァン)Le Mouvant であって、そこへ必死に棹さそうとするのが「知」という権力の要求だ。この西洋的な欲動、「知」はすべてを所有するために、時間の断面を切り取り、世界を図式に当てはめようとする。「知」は最終的に、人間を失うことになるだろう。なぜなら、個々の視点でも全体の視点で...

  3. item衰弱 [textes/notes/雑記] 2009/3/1

    制作中の曲は遅々として進んでいない。 サウンドの使い方とか、今までにないことをやっているし、DAWのこれまで使用しなかった機能も駆使しなければならない。それ以上に、楽想の輪郭がはっきりとまとまっていないので、手探りの状態だ。 だいたい、今は創作よりもCDを聴くのに時間をかけている。 何か気に入った音楽が見つかると、私はいつも小遣いをつぎ込んでたくさんのCDを買い集め、しばらくそればかりを聴きまくる...

  4. itemハービー、ショーター、ラズウェル [textes/notes/音楽] 2009/2/15

    クラシック(現代音楽)とポップをまたいでみた実験作にして不評な作品(笑)、「かけら、羽のように feat.初音ミク」に続いて制作する曲、今度はもっとふつうにポピュラーミュージック的なイディオムを使ってやろうと思い立ち、サウンドメイキングの参考にしようと、昔買ったポップ、フュージョン等のCDを引っぱり出していろいろ聴いているところだ。 実際に曲作りも開始しているが、どうやら、民族音楽的な要素とアンビ...

  5. item「かけら」動画版 [textes/notes/音楽] 2009/2/5

    実験的な現代音楽系POP?ソング「かけら、羽のように feat. 初音ミク」は予想通りと言うべきか、評判はあまりよくないようだ。が、試してみたいという気持ちがあって、この曲をテーマに、当初の予定に沿って動画を作成した。で、YouTubeにアップしてみた。 YouTubeって、ふだん使ってないのでよくわからんのですが。 動画制作に当たって、ふだんあまり使用していないため使いこなすにはほど遠い、S...

  6. item倖田來未「TRICK」 [textes/notes/音楽] 2009/1/29

    倖田來未のニューアルバムが出ると知った時、彼女のCDはもういいかなあ、という思いもよぎったのだが、これまでいろいろ書いて来た手前、一応最後まで見届けようかと思い直し、予約購入した。 早速聴いてみて驚いた。 「TRICK 」、これはいい。久々にいい。傑作かもしれない。 本人も最近の「くぅちゃん」路線から転じて、「かっこいい」路線に戻ってみようと強く意図したアルバムのようだ。クールなダンス・チューンが...

  7. itemあやしい前衛ポップ [textes/notes/雑記] 2009/1/24

    ボーカロイド初音ミクを使った「現代音楽ふうPOP」の実験作「 かけら、羽のように (feat. 初音ミク)」が完成したのでアップした。 出来はあまりよくないと思っている。が、ともかく妙なミュージックだとは言えそうだ。 この「試作」は位置的にはニュートラルなポジションにある。 クラシック(あるいは現代音楽)的なものとポップなものとのあいだの。 曖昧である。 ここを出発点として、もっとクラシック的な...

  8. itemポップとは何か [textes/思考] 2009/1/20

    ポップ・ミュージックは、既存の修辞法を収集して組み合わせ、再活用することを基礎とする。 つまり共有される既存の言語群(ラング)を常に前提としており、記号と化した音楽要素(フレーズ、リズム、コードなど)を配列し直すのが楽曲作成者の仕事である。この無数の再活用/複製が、市場をにぎわす大量消費を見込んだ大量生産を可能にしている。 ポップ・ミュージックの世界では音楽そのものよりも記号作用の方が重要だ。 「...

  9. itemポジション [textes/notes/雑記] 2009/1/19

    当サイトのアクセスカウンターはPHPプログラムなので、サーチエンジンのロボットによる巡回も拾ってしまう。このため同一IPによる同日のアクセスを1度しかカウントしない方式にしても、割とめまぐるしく数値が上がってしまうのだ。 しかし、実際にはこのサイトを訪問して下さっている方は(検索エンジンからの来訪を除けば)非常に少ない(ほんの数名)だろうと思う。 苦労して作成した創作楽曲も、そんなに沢山の方に聴い...

  10. item初音ミクを試す [textes/notes/雑記] 2009/1/10

    注文していたソフトが先週届き、おニューのIntel iMacで早速活用している。あの「クリプトンVocaloid 初音ミク」である。 そういえば十数年前DTMを始めた頃はクラシックではなく、ジャズを含めたポピュラー・ミュージックを試作していた。当時も時折「歌モノ」を書いてみたいと思っていたものの、実現する見込みはなかった。 時代は変わり、話題の「初音ミク」、当初から興味を持って見守っていたが、あ...

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

1317354

* * *

All contents written & programmed by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.