バッハ

relations

clef 鍵語 音楽
私の「音楽体験」の最も強烈なものは、グールドのバッハだった。

clef 鍵語 フーガ

entry バッハのフーガについて考える

バッハのフーガはなぜこんなに私たちを駆り立てるのか?


J.S.バッハが、彼に先立つ様々なもの・彼と同時代に存在する様々なものを「総合し」、膨大な数のフーガ/対位法作品を書くことで到達した地点とは何だったのか。
一般に、フーガ音楽には2つの規範が並行して存在するように見える。


一つ目は、「表出される心的ドラマを叙述する楽曲タイプ」。
二 ...(全部読む)

 written by nt, 2003/8/23

[textes/批評]

entry ヨハン・セバスチャン・バッハ

Bach, Johann Sebastian (1685-1750)

たぶん、古今東西もっとも偉大な作曲家。
バロック音楽の集大成者だが、バッハのことを理詰めで規範的な作曲家と考えるのは間違っている。その音楽は、感情表現を追求するためにしばしば規範を逸脱する。
バッハ・ポリフォニーはみごとな建築に似ているが、堅牢さと正確さだけが卓越しているわけではないのだ。
そ ...(全部読む)

 written by nt, 2003/9/6

[textes/批評]

musique/classique/J. S. バッハ

バッハ作品の音楽ファイル数曲。

entry The Glenn Gould Archive

すばらしく刺激的なバッハ演奏を展開したピアニスト、グールドの資料があるサイト。インヴェンションを自宅で演奏した音源などもある。

[links/音楽]

entry マクリーンの音楽部屋

バッハ作品のMIDIを多数収録しているサイト。

[links/音楽]

1317378

* * *

All contents written & programmed by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。 (MIDI/MP3/JPGファイル等への直接リンクはご遠慮ください。)
http://www.signes.jp/clefs/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.