signes コンテンツ一覧

当サイト内、clefs、information、dialogueを除くコンテンツの記事一覧です。
作成/更新日時の新しいものから順に表示しています。
ここでは200件までしか表示しませんので、すべてを見るためには、各カテゴリのページに行く必要があります。

すべてのカテゴリ  musique litterature arts textes technique produit links

すべてのカテゴリのコンテンツ一覧

entry:200

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

  1. item歴史を意識するということ [textes/思考] 2012/5/8

     いわゆる「未開社会」の成員たちも、部族の共通のものとして「歴史」を認識している。彼らの歴史は一般的に、「○年○月、誰それが首長になった」などといった記述ではなく、世界の始原や文明の始まりを喩的に語りとおす神話の形をとるようだ。  どうやら彼らは「個人の生涯の歴史」に関してはあまり興味がなく、個人史なるものがあったとしても、それは共同体の歴史のなかに組み込まれた付属的なものとして、在る。 「個人史...

  2. itemピアノのための23の前奏曲 〜 Remembrance [musique/composition/ピアノ曲] 2012/5/8

    ほぼ普通の調性音楽。しかし秩序=権力にあらがいたくて、幾つかの「破れ」を仕掛けた。 譜面: http://www.signes.jp/musique/Preludes/Remembrance.pdf

  3. itemピアノ前奏曲「Condor」を公開 [textes/notes/音楽] 2012/4/30

     昨年6-7月に立て続けに書いた「ピアノのための23の前奏曲集」、12音技法を初めて全面的に取り入れた実験作「Discontinuous Lines」を7月末に書いて以来、中断していたが、やっと7曲目「Condor」を追加できた。 「比較的演奏の容易なピアノ小品集」という初期設定を撤回、書きたい書法でガリガリ書いてみた。  オリヴィエ・メシアンの「自由なリズム」書法に触発され、複雑でどんどん変化し...

  4. itemピアノのための23の前奏曲 〜 Condor [musique/composition/ピアノ曲] 2012/4/30

    機械仕掛けの鳥たちのための、リズムの解放。演奏は至難。 楽譜: http://www.signes.jp/musique/Preludes/Condor.pdf

  5. item「セイレーン」が演奏された [textes/notes/雑記] 2012/4/28

     去年「時の生成」を演奏して下さったヴァイオリニスト、前田ただしさんが、4月13日エクアドルのキトにて、私の無伴奏ヴァイオリン曲「Seiren」(2009/12作)を演奏して下さいました。  その時の動画が公開されたので、貼り付けておきます。  今さらというか当たり前のことながら、コンピュータ音源とは全然ちがう、生きて呼吸している音楽になっている。素晴らしい。こんな非才で凡庸なアマチュア作曲...

  6. item「場所」の芸術 [textes/思考/思想] 2012/4/7

     音楽とは「時間の芸術である」とよく言われているのだが、どうもそれはちょっと違うんじゃないかという気がしてきた。  カントも純粋理性批判の中で、感性の原則として「時間」と「空間」を二つの全く異なるアプリオリな系列であると指摘しており、一方アリストテレスなどを見ても、とにかく西洋では「時間」と「空間」を二つの対立する項目と見なす思考型がベースにあるようだ。  しかしB. L. ウォーフ『言語・思考・...

  7. item統計学的に不確実な私 [textes/notes/雑記] 2012/3/25

     統計データの中でも身近に思われるものの一つに、「世論調査」がある。  無作為抽出された人びとに、政権などについてのアンケートを取っているようだが、私はそういうのに当たったことがない。  ともあれ、「世論」なるものは統計データをもとに「形成」されてゆくし、それが実際の政治におおきな影響を与える。政権への不支持があまりにも増大すれば、野党が元気になり、与党政権は退陣に追い込まれる。だがこの「世論」の...

  8. item失敗した現代音楽の試み [textes/notes/雑記] 2012/3/20

     今年に入って「幾何学詩集」と題し、2つのボカロ曲を立て続けにつくった。これらはボカロ曲と言っても、ニコニコ動画あたりで妙な人気を博している、オタク文化系の楽曲群とは一線を画した、現代音楽をふまえたエレクトロニックな前衛的作品だ。  昨年後半、クラシカルな室内楽分野での「現代音楽」らしきものを幾つか書いたのだが、どうも今聴いてみても、あまり出来がよくない。特に「弦楽四重奏曲」や2つのヴァイオリン...

  9. item「幾何学詩集:場所」を公開 [textes/notes/音楽] 2012/3/17

     前作「超越 Transcendence」に引き続いて、「幾何学詩集」所収のボーカロイド(初音ミク)曲、「場所 Topos」を動画と同時に完成・公開した。  前作がドラム音源のリズムパターンを多用した結果、なんとなく通俗的というか、陳腐な出来になってしまったので、今回はビートを抑え、ピアノやオーボエも導入したクラシカルな「歌曲」ふうの作品となった。エレクトロニクス面でも遊びっぽい、アバンギャルドな...

  10. item幾何学詩集 〜 場所 Topos [musique/composition/mixtures] 2012/3/17

    現代歌曲ふうの実験作。誰もが依拠するそれぞれの場所。それを失ったとき、人は仮想空間の中に、依拠する場所を探すのだろうか。 歌詞: http://www.signes.jp/musique/GeometricPoems/Topos.txt

page : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

1312260

* * *

All contents written & programmed by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.