item ラヴェルに足りないもの

textes ... 批評 > 音楽

written 2003/5/11 [ updated 2006/6/3 ]

以前お気に入りだったこの作曲家に対して、今の私はかなり批判的だ。
もちろん卓抜な作曲ではあるが、何かが足りない気がしている。

たとえば「夜のガスパール〜オンディーヌ」。しばしばピアノ名曲集にも入るほどの人気曲(もっと演奏が簡単だったらさらに人気が出ただろう)だが、わかりやすいイメージ、わかりやすい構造、キャッチ―なメロディーのほかに、さらにすべてを超えて迫ってくるものをもっているだろうか。
シマノフスキの「メトープ〜カリュプソー」あたりと比べてみるとどうだろう。
ディテールの技巧の点でも、全体の完成度の点でも、ロマンティシズムの点でも、ラヴェルに軍配があがるのだろうが、シマノフスキのこの初期の作品には、レベル的にラヴェルを上回るものがないだろうか。
ラヴェルには、たしかになにかが足りないと思うのだ。
しかし、当時はフランスでもさほど重視されてはいなかったこの作曲家の、今日における「人気」はまだまだ衰えないだろう。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 批評 > 音楽

1312483

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.