item ヘンリ・ジェイムズ

textes ... 批評 > 文学

written 2003/9/6 [ updated 2006/6/1 ]

James, Henry (1843-1916)

H・ジェイムズは異様に密度の濃い文体で、できごとを曖昧に描きあげる。その曖昧さ、難解さ、不可知性が20世紀にふさわしい。
曖昧なのは、特定の人物の「視点」を通してしか事象が姿を表さないためである。

もうひとり (1900)

ジェイムズは大長編が多いが、稠密な文体であるために通読するとかなり疲れる。短篇小説はその点、比較的手軽に楽しめる。

鳩の翼 (1902)

疲れる大長編の一つ。 しかし、その濃密な文体の味はやはりすばらしい。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 批評 > 文学

1304397

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.