item アルノルト・シェーンベルク

textes ... 批評 > 音楽

written 2003/9/6 [ updated 2006/6/1 ]

Schoenberg, Arnold (1874-1951)

完全に従来の調性と離れた音楽語法を確立した人物。 しかしその音楽は表現的であり、かつ、知的で精巧をきわめており、美しい。
初期の「グレの歌」などは、後期ロマン派の濃密な表現を十分に体得したもので、この作曲家の資質を明らかにしている。
音楽表現の拡大のため、十二音主義というものを編み出したのだろう。しかし、その音楽にあって見事なのは、あくまでシェーンベルクのロマンチックな美の感覚に由来する。

月に憑かれたピエロ (1912)

類まれな美しさと表出力をもつ音楽。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

2 point / 投票数 1 2point

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 批評 > 音楽

1312261

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.