item フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ

textes ... 批評 > 哲学・思想

written 2003/9/6 [ updated 2006/6/2 ]

20世紀の思想の転換点の一つを成した、極めて大きな存在。
ニーチェは危険だ。
やたらに鋭い切り口でアフォリズムを四方に繰り出しており、その思想をどう受け取るか、というのが非常に難しい。その思想そのものが「体系」からかけはなれているので、自分の好きなようにニーチェを引用することができるのだ。
ニーチェを引用/言及して好きなこと言ってる人も多いようだが、 どうも恣意的な感じがする場合もある。
刺激に満ちた思想家だが、そこからちゃんと発展して考え直すのでなければダメだと、自分では思っている。
ニーチェをただしく捉えるには、ニーチェ自身の著作だけでなく、無数の研究書が必要かもしれない。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

2 point / 投票数 1 2point

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 批評 > 哲学・思想

1303589

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.