item 批評について

textes ... 思考

written 2002/2/5 [ updated 2006/5/28 ]

批評のコトバは無責任である。
 それは自分自身のエクリチュールの構造を隠蔽しながら、他者の作品、あるいは作品のシーニュを勝手に煮たり焼いたりする。
 ところが、批評を重ねることによって、実は批評する本人の骨格が露になってくるはずで、下らない批評は批評家自身の下らなさを簡単に暴露してしまう。
 私が他者の作品を批評することに何の価値があるか?
 しかし、批評あるいはレビュー、すなわち、既存の世界に内在するさまざまなシーニュを解読する行為は、これほどたのしいことは他にない。それは
 言葉の探索
である。
 このサイトそのものが批評の集合体であるかもしれず、私の「オリジナル作品」とやらも、批評のなかから生まれてくるものに違いない。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 思考

1317354

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.