item 物語

textes ... 思考

written 2002/1/15 [ updated 2006/5/28 ]

・ある精神が数々の困難を経て、最後には偉大な栄光を勝ちとる。
・ある2人が不和や誤解を経験しながらも、最後には理解しあい、愛情へと到達する。
・ある悪者(逸脱者)が改心し、善人たちの共同体に帰ってくる。

 例としていくつか挙げたにすぎないこうした「物語」は、たぶん、いくつかのプロトタイプに回収することができる。
 物語とは、社会が生み出した欲望の作品だ。
 それは明示的な意味や暗示的な意味を組み合わせながら、社会が私たちに課そうとする掟の網目をなすのかもしれない。

私たちは物語が好きだ。
 物語は読む(聞く)者の主体を、物語中の主体へと同化させながら、最後にはそれを書いた主体(秘められた社会の網目)へと合一させるという構造をもつ。
 ここでは読み手の主体が、簡略化された記号の織物のなかに解体され、再構成されるため、物語は集団無意識を生成する装置となるだろう。
 物語は文化の中のどこにでも登場する。たとえば音楽の中にも。

 物語は無限に反復されるだろう。
 しかしそれは言語世界に付着するものでしかない。
 私は物語を超えて生きなければならないのだ。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 思考

1317378

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.