item 記号の国

textes ... 思考

written 2003/9/19 [ updated 2006/5/27 ]

「書くこと」はついに、記号の社会的連鎖の網を突破できるだろうか。

私たちは 記号の国 に住んでいる。
言説 は日常のあらゆる箇所を満たしており、 記号を介さず「もの自体」に直接触れることが、よほど困難にさえ見える。
そして私たちは記号を身にまとうため、意図的に努力している。
あるブランドの装飾品は記号として存在し続けるため、 決して「もの自体」としての本性をあらわさない。私たちは、記号を買い、記号を求め、 記号を身につけることでかろうじて、「社会」という幻想にぶらさがっているのだ。
そしてこのように「現実」を語ろうとすること自体が、記号的な幻想の枠の内側に 甘んじていることを露呈してしまう。
文脈は記号の組織の上にしか成立しないから。
そうして、言説は「 既存のコード 」と「 欲望 」のはざまで、 絶えずうめき声をもらしている。

「書くこと」はついに、記号の社会的連鎖の網を突破できるだろうか。
突破すること、これだけは私たちの共通の 「」だが、その夢でさえ、社会が提供する記号のひとつにすぎないのだ。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 思考

1317222

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.