item マイルス・デイビス

textes ... 批評 > 音楽

written 2003/9/6 [ updated 2006/6/1 ]

Davis, Miles (1926-1991)

なんといっても、ジャズを牽引してきた、強烈なカリスマである。全身からかもし出すダークな雰囲気が「ジャズ」のイメージを決定している。
彼のエクリチュールの特色は音を節約することで、それらの音の価値を十全に噛みしめる。だからマイルスの音はいっそう孤独で、重い。
そしてトータルなサウンドクリエイターとして、音楽の記号化作用を 見極めながら、多くの才能を操っていった。

Nefertiti (1967)

この頃のマイルスサウンドが一番気に入っている。 ・・・なにしろ、ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ロン・カーターにトニー・ウィリアムスといった、ものすごい連中を率いていたのだ。

You're Under Arrest (1984)

「タイム・アフター・タイム」と「ヒューマン・ネイチャー」が絶品。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 批評 > 音楽

1311346

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.