item フランツ・カフカ

textes ... 批評 > 文学

written 2003/9/6 [ updated 2006/5/31 ]

Kafka, Frantz (1883-1924)

カフカは刺激する。なんだかはっきりとは実像が掴めないのに、 その感触が脳にぴりりとくる。
アフォリズムやグスタフ・ヤノーホの「カフカとの対話」を読むと、 カフカ=「魂の放浪者」みたいな印象を受けるが、小説はきっちりと客観的に・冷静に書かれており、妙なリアリティがある。寓話的なものもあるけれど。
その謎の多い作品群は、「現代社会」と身体との接触がもたらすラジカルな「場」を、詩を書くことの不可能性の視点から表出しているような気がする。
カフカはもともと異質な小説家だが、こんにちでは非常な人気だ。その刺激的な触感が、陳腐な小説世界に食傷した人々を魅了するのだろう。

変身 (1916)

この小説はカフカ作品のなかでは、いちばんまとまりがよく、わかりやすい。
主人公の身体がこんなに異常な状態に陥っているのに、本人含め家族が意外とおちついているのが衝撃的。特にラストにおける家族の明るさ。
読後に強い孤独感にさいなまれる。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 批評 > 文学

1303878

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.