item レコード取得 SELECT

technique ... MySQL > 基本SQL

written 2006/6/4

最も頻繁に使う構文。
SELECT文でテーブル内のデータを表示します。

SELECT * FROM tablenmame;

ワイルドカードを使えば、すべてのデータを取得します。特定のフィールドだけでよい場合はフィールド名を書きます(複数のフィールド取得ならカンマ区切り)。

SELECT id,title FROM tablename;

しかし、一般にはWHERE句で絞り込みを、ORDER BY句で並び替えを、LIMIT句で取得数制限を追加して実行することが多いでしょう。

SELECT * FROM myaddressbook WHERE jyusyo='hokkaido' AND seibetsu='otoko' ORDER BY age LIMIT 10;

上記例ではテーブルmyaddressbookからデータを取得していますが、その際、
(1)WHERE句で絞り込み
jyusyoフィールドが「hokkaido」でかつseibetsuフィールドが「otoko」のもののみ抽出しています。
(2)ORDER BY句で並び替え
ageフィールド昇順で並び替えています。降順ならここは「ORDER BY age DESC」となります。
(3)LIMIT句で出力制御
この「LIMIT 10」というのは、「最初から10番目までを表示」ということになります。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

2 point / 投票数 1 2point

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

既存のスレッド数 : 1

現在のカテゴリ : technique ... MySQL > 基本SQL

1317392

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/technique/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.