item 「Scorpius」が演奏された

textes ... notes > 雑記

written 2013/8/24

 イタリアのダニエーレ・コロンボさんが、4月に書いた「Scorpius for Violin Solo」を実演して録音してくださった。コロンボさんはかつて私の「Draco」「Seiren」「Cygnus」をリサイタルで演奏して下さった(参照: スタジオ録音版の動画)ので、これで私のヴァイオリン独奏曲すべてを演奏されたことになる。もったいない話だ。
Scorpius」はどう見ても「難曲」であるが、コロンボさんは難なく弾きこなしてしまった。私がコンピュータに演奏させた音源と比べれば、この二つの演奏がいかに異なったものであるかわかるだろう。機械的なリズム形を特徴とした原曲が、コロンボさんの手にかかると流麗な異種のものへと転身している。
「あいだ」に生成されるものとしての音楽は、かくして変容を遂げた。
 コロンボさんに改めて感謝します。

 

以下動画、"Scorpius for Violin" played by Mr. Daniele Colombo

以下、私のコンピュータによる演奏。(SoundCloud)

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... notes > 雑記

1312260

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.