item メタモルフォーゼ

textes ... 思考

written 2003/9/14 [ updated 2006/5/28 ]

絶え間ない転身。自己否定。

たぶん、私たちがほこるべき自己などどこにも存在しない。
自己同一性なる観念そのものが幻想であり、1個の存在として現れているのは単に1個の身体組織なのであって、「この私」と語っているこの主体なのではない。
デカルトの主体はすでに転覆されている。

意識は常に、物語としての自己を維持しようとする。この虚像は私たちを慰めるだろう。
しかしこの慰めはどうしようもない退屈さの中に私を誘う。

私はいつまでもこの私であるわけにはいかない。もっと遠くへ行きたいのだ。
海の向こうへ、山頂へ、地の底へ。

メタモルフォーゼへの終わりのない欲望に、すべてを賭けなければならない。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... 思考

1317747

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.