item コミュニティへ

textes ... notes > 雑記

written 2010/1/26

 3年前の「メランコリー」状況の際、その前後にちょうど私はmixiや、音楽系を含めた各種SNSに加入し、ネット・コミュニティ・サービスの上で戯れていた。
 その後、mixiが例の「著作権」騒動を引き起こし、それを口実にして、私はいったん「コミュニティ」から離れることにした。
 ところが最近、そういった「コミュニティ」にもう一度復帰してみようかな、と思い始めている。
 要するに「寂しくなった」のだが、最近復活したメランコリー状況と直接関係しているように思える。

「コミュニティ」に属すること、どの程度の親密さかはさておいて、とりあえず複数の他者と「つながり」、自己を「つながり」イメージの中にひたし、そのぬるさの中を漂流すること。
 要するに、自己と世界とが未分化であった時代、すなわち母の胎内や、出生直後の母-子の双数的関係への、回帰願望。未分化であることの、心地よさ。
 共同体幻想にゆるやかに安息しようとするこうした傾向は、日本人文化の特徴でもあるだろう。したがって精神分析的にいえば、(こんにちの)多くの日本人はエディプス・コンプレックスを乗り越えていない・乗り越えようとしない傾向があるのかもしれない。

 私はいったんコミュニティを離れ、孤立したサイト(当サイト)に閉じこもろうとしたのだが、ネット上でも旧知の方々が去っていき、強い孤独感を感じざるをえない。そんなことはとっくに想定内であったが、3年前とおなじようなメランコリー状況が復活している現在、一人でいるとときおり希死念慮が湧いてくる日々は、やはり灰色すぎる(死の想念がやりきれないのではない。死ねないこと/選択や行動が不可能だということがやりきれないのだ)。作曲は気を紛らすにはいい方法だが、やりすぎるとまた辛くなってくるので、今は休養中だし。
 そこで「父の名 Noms-du-Père」(母子の双数関係を破壊するもの)から再び逃走し、母の胎内に甘えにいくことにした。とりあえず今は自分に逆らわず、好きなようにさせておいてやろうかと。

 目下関わっているコミュニティは以下のとおり。

 mixiに復帰してみたかった最大の理由は「倉木麻衣さんのマイミクになること」だったが(笑)、これはすでに実現した。
 あと、音楽SNSの「wacca」に入りたいんだけど、何度入会申請をフォームでやってもメールが来ない。拒否られてるのかな?
 さびしがりの私に、どうぞみなさん話しかけてください。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

4 point / 投票数 2 4point

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : textes ... notes > 雑記

1317377

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/textes/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.