item ファイル内容を配列に格納 file

technique ... PHP > ファイル操作

written 2006/6/10

テキスト形式のログファイルを扱う場合は、やたらと使う関数。

$array = file("filename");

で、ファイル「filename」の内容を、1行=1要素として配列$arrayに格納します。
読み込んで、データ表示するだけなら、fopenを使う必要なし。
上記の処理の後は、

$number = count($array);

で要素(行)数を返すことができるし、csvファイルのように、1行のデータがさらにカンマで区切られている場合、上記のfile関数以下、

for ($i=0; $i < count($array); $i++) {
  $line = explode(",", $array[$i]);
  print "<p>id: " .$line[0] ."</p>¥n";
}

というふうに、データを個別に処理していくことができます。

注)バックスラッシュは全角の¥で表記しています。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

29 point / 投票数 16 29point

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : technique ... PHP > ファイル操作

1317354

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/technique/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.