item エディタvimの設定 .vimrc

technique ... Linux・UNIX > 設定

written 2006/6/6

vi(vineではvi = jvim)のカスタマイズは、setコマンドでいろいろできるようですが、その設定を恒常的に(起動するたびに)有効にするには、ホームディレクトリに「.vimrc」というファイルを作成し、そこに書いておきます。
$ cd ~
$ vi .vimrc
以下、設定例。

set ts=4
  #これは、インデント幅を「4文字分」にする設定。初期値は「8」と長め!
set autoindent
  #改行したときに、インデント幅を維持します。
set showmode
  #モードを表示
set nonumber
  #行頭の行番号を非表示
set nobk
  #バックアップファイルを作らない。これをしないと「ファイル名~」というファイルが大量に出現して、消すのがめんどうなことに・・・。

このコンテンツに投票

■ この記事/文章が気に入りましたら、投票して下さい。

まあまあよいと思った
とてもよいと思った

3 point / 投票数 2 3point

feedbackによるコンテンツランキング
informationfeedback機能について

現在のカテゴリ : technique ... Linux・UNIX > 設定

1317378

* * *

Written by nt.

無断転載禁止
引用箇所や掲示板への投稿など一部を除いて、当サイト内のすべての 文章・楽曲・画像等は作者ntの著作物です。
▼Webページへのリンクはご自由にどうぞ。
http://www.signes.jp/technique/
WebMaster: nt - Contact | Information | TopPage

Copyright (c) 2002-2010 nt. All rights reserved.